2017年09月13日

待ち遠しい紅葉の季節


シュウメイギク 2 2017年9月.jpg

シュウメイギクが咲き始めました。
暑い日もまだまだあるけれど、風や陽の光、虫の声など秋を感じることも増えてきました。

少ししのぎやすくなってくると、何か植えたくなります。花屋さんの店先ではまだ夏と秋が同居している品揃えなんですが、珍しい苗を見つけたり、秋色の苗があると思わず買ってしまいます。

アシスタシア 1 2017年9月.jpg

アシスタシア 2 2017年9月.jpg

アシスタシア 3 2017年9月.jpg

アシスタシアという名前です。初めて見る花ですが、とってもかわいいですね。
名札には常緑小低木と書かれてました。可憐な花なのに、ほんとに常緑?と不思議に思い店員さんにお尋ねしてみると寒さには弱いとのこと。原産国、タイということだから、タイでは常緑なんでしょうね。
タイ生まれということだったら、この湿気の多い日本の夏は大丈夫かもしれないです。
寒くなるまで楽しみたいと思います。

紅葉にはまだまだ早いけれど、柏葉紫陽花の葉などは少し色づいてきました。
渋い赤やアンティーク色の紫陽花の花など秋の深みのある色を想像するとホントに待ち遠しいです。
寒いのは苦手ですが・・・(笑)
posted by 花と木々のあるくらし at 20:24| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

久しぶりに花苗植えました♪

花の三角コーナー 3.jpg


花の三角コーナー 2.jpg


花の三角コーナー.jpg

8月も終わりに近づいてくると、気分的に夏もそろそろ終わりかな?と思ってきます。この時期の庭は何となく人間と同じように夏疲れしているように見えるのは私だけでしょうか?
緑が多く、花はかなり少ないですね。湿気の多い日本の気候だと綺麗に花を咲かせるのは大変です。
薬を使って頑張るというのは好きではないので、自然に元気に咲いてくれる植物を選ぶしかないですね。

久しぶりに園芸店に行き、花苗を買ってしまいました。
まだまだ暑い日が続きそうなので育つかどうかちょっと心配ですが、ちょっと庭に色が欲しくてとりあえず3ポット植えてみました。ジニア、アルテナンテラ、数珠さんごです。
カラーリーフは色だけで秋の雰囲気も出せるのでいいですね。

最近はsustainable,持続可能な・・・という言葉が多く聞かれますね。
庭も最小の努力で育ってくれるというのはこれから大事な庭の条件のひとつかもしれないと思うのですが、育てる楽しみもガーデニングの楽しみの一つだし、たまには気分で植えてみるのも楽しいかな?

萩 2017年8月.jpg

こちらは白萩です。もう少しで白い花が沢山咲きそうです。
だんだん秋に向かってますね。

posted by 花と木々のあるくらし at 22:44| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

夏から秋に


ブラックベリー コップに.jpg

長〜い雨続きの8月。やっと雨が切れ、晴れが戻ってきたけど、やっぱり暑さはつらいね。(>_<)

長く続いた雨の間にブラックベリーはすっかり終わってしまいました。最後の方は木で熟しながらカビが生えたり、バラゾウムシがやってきたり、もう食べる気がしなくなり、観賞用にそのまま置いたり、切って部屋に飾ったりしました。生り物はやっぱり太陽の日射しが必要ですね。湿気はもっとも避けたいですが、日本の夏は避けられないものですね。

でも6月から7月にかけては毎日暑い日が続き、その間はブラックベリーには天国だったかも。結果的には今年は美味しく実が成り、堪能しました。ジャムも作ってみましたが、けっこう上手くいって美味しかったです。

8月も終わりに近づいて、今日は処暑だけれども、まだまだ暑さは続きそうです。

さるすべり 2.jpg

IMG_4428.JPG

少し遅れて咲いたサルスベリが夏を教えてくれます。かなり高いところで咲いているので、普通の目線では見えないのが残念です。久しぶりの青空です。

白モッコウ 2017年8月.jpg

白のワレモッコウです。

ワレモッコウ 2017年8月.jpg

こちらは普通のワレモッコウ。秋を感じますね。
少しづつ秋が来てるな、と感じつつもまだまだ暑くてバテそうです。(^^)


posted by 花と木々のあるくらし at 11:33| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

猫のひげ

もう体力ぎりぎりの状態で生きてます。
リビングのエアコンは壊れてる?と思う程ききが悪いです。
朝から晩までつけっぱなしで、それでも室温はそれほど下がらないし。家が古いから?
あと2か月ほどは暑い日が続くのでしょうね。

暦の上では立秋を過ぎているんですよね。
秋なんて・・・と思うけれど、庭の様子をみていると秋がきている?と思ったりします。

猫のひげ 2017年8月.jpg

猫のひげです。夏の花ですが、何だかちょっと秋っぽい感じもありますね。
熱帯の生まれなので、暑さにはかなり強いです。水が好きなので水切れは気を付けないといけません。

猫のひげ 2 2017年8月.jpg

背丈があるので風にゆらゆらして、いい気持ちです。
猫のひげの背景にはワレモッコウが見えます。もう赤茶色のワレモッコウが出来ていて、シュウメイギクも花芽がつき、時々トンボが飛んだり・・・そこだけ見てたら秋だなぁと思いますよ。

植物も季節を先取りするんですね。ちょっと秋が待ち遠しいような・・・酷暑でなければもう少し夏でいたいような・・・最近は秋がくるとすぐ冬になるようですから。

posted by 花と木々のあるくらし at 11:32| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

夏の寄せ植え


ウエルカムコンテナ 2017年夏.jpg

5月の中旬に造った寄せ植えがもりもりになってきました。
ユーホルビア・ダイヤモンドフロスト。ベコニア・パンダブル、サルビア、サンブリテニア
でつくりました。
ここ数年は夏の寄せ植えにはユーフォルビア・ダイヤモンドフロストをつかうようになってます。
暑さに強いこと、花がら摘みなど手入れがいらない、白い花なので他の花との相性がいいことなど、いいことづくめなので夏の寄せ植えには欠かせない花になっています。

ベコニアも暑さに強い花ですね。ベコニアのなかではこのパンダブルなどは八重で丸いかたちをしているのでかわいいです。手入れも楽です。

年々夏が過酷になってきているので夏のガーデニングは工夫が必要になりましたね。

庭の花木のムクゲが花期を迎えてます。

ムクゲ 2.jpg

ムクゲ 1.jpg

ムクゲ 3.jpg

残念ながら、この花木、あまり人目につかないところに植えてしまってるので、意識的に見ないと、この花を見ることがなく、ごめんなさいという感じです。
八重で薄紫色の上品な花です。空に向かって真っすぐに伸びている花木です。

梅雨明けしてから雨が降るようになり、このところどんよりしたお天気です。
水遣りがいらないから助かります。

ブラックベリーは順調に収穫できているので嬉しいです。

雨の日は草取りも剪定もちょっとお休みです。




posted by 花と木々のあるくらし at 17:40| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

ブラックベリーの季節

今日、明日にも梅雨明けしそうですが、そもそも梅雨はなかったとも言えるほど雨が降らなかった6月でした。

晴れ続きのお天気はベリー類の成熟には良かったのか、今年はとってもいい感じに熟してきました。
グリーンから赤に、最後は真っ黒になります。
収穫が始まりました♪

ブラックベリー アップ 2017年7月.jpg

ブラックベリー A 2017年7月.jpg

ブラックベリー ロング 2017年7月.jpg

私の庭で唯一の収穫物のブラックベリーです。すっかり大きくなりました。
黒く熟してきたので昨日から収穫始めました。今年はいい出来のようです。
今のところ虫の被害もなく安心です。去年はカメムシに食べられて大変だったから。

毎朝ヨーグルトと一緒に食べます。庭で採れたものだと思うとご馳走です。

水無月 2017年7月.jpg

水無月ロング 2017年7月.jpg

紫陽花、水無月が今見頃です。他の紫陽花はそろそろ終わりで、剪定しなきゃと思っているんですが、
紫陽花をカットしてしまうと花が少なくなるなぁとちょっと躊躇っています。
見頃を過ぎてもアンティーク色になりそのままでも十分綺麗だと思うと剪定の時期を逃してしまいますね。
この水無月やアナベルのような紫陽花は剪定の時期を選ばないので、好きなだけそのままにしています。
アナベルは秋に茶色に枯れたようになり、その雰囲気が秋らしくて風情があり、大好きです。
本当に紫陽花はいいですね。

夏本番になり、これから暑さがどこまでいくのか?
ブラックベリーを食べて涼を楽しみます♪


posted by 花と木々のあるくらし at 09:36| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

薄紫色の庭

毎日もう本当に暑いです!梅雨入りしてから殆ど雨は降ってないです。このまま雨が降らないまま梅雨明けしそうな雰囲気です。

毎日水遣りは欠かせないけど、こんなことも初めてのような気がします。

この時期はギボウシなどの葉物が花を咲かせる時期です。

ギボウシ 2 2017年7月.jpg




アガパンサス アップ 2017年7月.jpg

アガパンサス 2017年7月.jpg
                                                                                             アガパンサス

ギボウシが好きで庭のあちこちに植えています。
葉が美しく、手入れも楽だし、存在感があり、日陰の庭には欠かせない植物ですが、この時期には薄紫色の花が咲きます。

アガパンサスの花も薄紫色。日当たりが悪い庭なので日当たりを好むアガパンサスの花付きは悪く、今年は3本だけ。
これでもまだいい方なんですよ。

改めて見ると、今の時期は薄紫色の花が多いなぁと気が付きました。
そしてよく観察してみると薄紫色の花には蜂などの昆虫がよく止まって蜜を吸っています。

トレニア 2017年7月.jpg

こちらはトレニアのハンギングですが、この花も薄紫色です。やはり蜂がよく蜜を吸っています。
筒状になっている花の形が蜜を吸いやすいのでしょうか?

それにしても日中は全く庭には出られないくらい暑いです。

こんなに暑い中でも花は咲き、ちょっとびっくりするくらいです。

百合 2017年7月.jpg

百合もまだ咲いています。色々な百合を植えているので楽しみも長く続きます。
まだバラも咲いているんですよ。

それにしても過酷な天候の今、庭も現代の状況にあわせてあり方を考えないとね。

今日もまた猛暑のお天気です。外を歩くのも気合がいります。

頑張ります(>_<)



posted by 花と木々のあるくらし at 22:00| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

梅雨どきの花

梅雨の花と言えばまず紫陽花が思い浮かびますね。
一番の見頃は過ぎてしまったけれど、まだしばらくは楽しめそうです。
紫陽花と同じ時期に咲く花に百合があります。早咲きの百合や遅咲きの百合などすこしづつ時期ごとに咲いてくれるので上手くいけば結構長く百合の花を楽しめます。

百合 2 2017年6月.jpg

プリンスプロミス。背が高く花付きが良く、華やかで人目を惹きます。もう半分終わったとこです。

百合アップ 2017年7月.jpg

名前はわからないけれど、頂いた百合で最初は色が派手だったのであまり好きではなかったけれど、今は結構好きです。はっきりした感じが夏らしいです。

百合、紫陽花、エキナセア 2017年6月.jpg

百合、紫陽花、エキナセア。好きな花の組み合わせです。

アナベルとゆり 2017年6月.jpg

アナベルと百合です。

紫陽花 2017年7月.jpg


いよ獅 2017年7月.jpg

今年初めて我が家にきた秋色山あじさい“伊予獅”。咲き進んだ時の色だそうです。
シックな色に変化するんですね。秋になったら植え替えようと思いますが、どこに植えるか、それが問題です。植える場所がない!秋までに何とか場所を確保したいです。

今年の梅雨は毎日雨というわけではないので、何とか庭の仕事をする時間がとれてます。
でもすごく湿気が多くて体調いまいちです。
暑い時は高温になるし、だんだん過酷な気候になってきましたね。
お花たちに癒されながら頑張ります。(^^)



posted by 花と木々のあるくらし at 09:46| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

癒される庭

四季折々気持ちよく、癒される、そして美しい。というのが私の目指す庭像ですが、この癒される庭というのはちょっと曖昧で、個人個人で違うかもしれないですね。私のなかでは整然と綺麗な庭というのは癒される庭とはちょっと違うと思っています。
基本ナチュラルで植物たちが気持ちよく育っている感じがする庭をイメージしています。
でもこれってちょっとずれるとぼさぼさしてまとまりのない庭になってしまう可能性があります。
癒される庭とボサボサしてる庭というのは紙一重の差かもしれないですね。

梅雨時の今はまさにボサボサしてくる季節です。なので一年に一回はプロの庭師の方に高木の剪定などをお願いしています。剪定が終わっても日々草花は成長を続けるので、日々の手入れは欠かせません。
草取り、花がら摘み、剪定。その積み重ねで何とかボサボサになりそうな庭を癒される庭になるように努めてます。

大変そうだなと思われるかもしれないですが、楽しみでもあるのです。体調がいまいちの時もありますが、それでも草花に触れると気持ちがいいのです。蝶が沢山遊びに来てくれて、気持ちよさそうに飛んでいるのを見ると、こちらも気持ちよくなります。

梅雨の今紫陽花が綺麗ですね。紫陽花は色が優しくて、ブルーなど涼しげで気持ちいいですね。
紫陽花に癒されてます。


エンドレスサマーの庭 2017年6がう.jpg

グラスのある庭 2017年6月.jpg

グラス類が大好きで、このスティパもこの時期は新しい穂が出てきて美しいです。
ちょっとイングリッシュガーデンぽくなりますね。

柏葉アジサイと庭 2017年6月.jpg


紅 2017年6月.jpg

山あじさいは小ぶりで野性味があっていいですね。意外に華やかさも感じます。
この山紫陽花は紅という種類ですが、日陰だと白っぽくなるそうです。それでもすこしづつ赤みを帯びてきました。きれいな赤い色になってほしいんだけどね。

我が家の庭では雑草扱いのドクダミも仲間です。でも白い花が終わったらすこしづつ抜き始めます。
ボサボサにならないように。日々頑張ってます(^^)


posted by 花と木々のあるくらし at 22:12| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

6月の庭

百合や紫陽花が咲き始め、緑だらけの庭にブルーや白などの色が付き始めました。
今年は白い花が多いのでちょっとホワイトガーデンみたいになってます。

百合 2017年6月.jpg

百合 A2017年6月.jpg

去年球根を植えたすかし百合、アンネマリーズドリームです。背丈が低いので倒れる心配が少ないのはいいですね。いい香りがします。

アスチルべ エリー 2017年6月.jpg

アスチルべ 南側の庭 2017年6月.jpg

アスチルべ エリーです。アスチルべは和の雰囲気もあり、シェードガーデンには是非植えたい植物ですが、花期が短いのが残念ですね。周りの宿根草たちに囲まれて埋もれてしまってます。なんとかしなきゃ!

紫陽花、アスチルべ 南庭 2017年6月.jpg

山紫陽花、アスチルべ、ギボウシなど、日陰の庭ですが、よく花が咲いてくれてます。
日射しが強い日は日陰が有難いなぁと感じることも多いです。最近の夏は暑すぎるからね。


南側庭 2017年6月.jpg

南側庭 A 2017年6月.jpg

日陰が多い南側、木々のボリュームが凄くなって、ちょっと迫ってくるようで、そろそろ剪定の時期です。
梅雨が始まる前にしたいのですが・・・

posted by 花と木々のあるくらし at 21:15| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする